BLOG ブログ

2024.01.05 FAQシステム

効果絶大?!社内FAQシステムで業務効率は格段にアップする

効果絶大?!社内FAQシステムで業務効率は格段にアップする

FAQシステムは、顧客向けやカスタマーサポート向け、業界別など、
さまざまな場面で利用されています。
このブログでも、FAQシステムを導入するメリットやその効果について、
具体的な活用例をあげて紹介してきました。

 

過去の投稿 >>>

 

 

今回は、社内向けFAQシステムについて解説します。

 

社内FAQシステムは、組織内での円滑なコミュニケーションと業務効率の向上を目指す上で
昨今ますます重要となっており、活用が進んでいます。

 

本記事では、社内FAQシステムの導入と活用によって、
どのように組織が生産性を向上させることができるかに焦点を当てて説明します。

 

社内FAQシステムとは?


 

FAQとは、Frequently Asked Questionsの略で、よく寄せられる質問とそれに対する回答を
まとめた文書やページのことを指します。

 

その中でも社内FAQは、組織や会社の内部で利用されるFAQであり、
業務や社内の手続きなど、社内で発生する疑問や課題に対処するために作成されます。

 

社内FAQシステムは、社員が共通の質問や課題に簡単かつ迅速にアクセスし、
解決策を見つけるのに役立つツールです。

 

社内FAQシステムを活用することによって、社員はスムーズに業務を進行することができ、
組織全体の業務効率の向上が期待できます。

 

 

社内FAQシステムを導入するメリット


 

社内FAQシステムを導入する目的は、社員の疑問や課題を解決し、業務の円滑な進行を
促進することにあります。
それでは、具体的にどのようなメリットがあるのかを説明していきましょう。

 

  • 【メリット①】情報を一元化し共有できる

 

社内FAQシステムは、社内に散らばった情報を一元化し、
社員間やチーム間で一貫した情報の共有を可能とします。
これにより、重要なポリシーや手順、プロセスに関する情報が統一された状態で提供され、
社内での理解が深まります。

 

特に異なる部署やプロジェクトで働く社員同士で発生する誤解や混乱を未然に防ぎ、
円滑に業務を進めることができます。

 

社内FAQシステムで情報の一元化が可能となることで、組織全体で知識の均一化が進み、
効果的な意思疎通ができるようになり、業務効率が向上します。

 

  • 【メリット②】教育の効率化が図れる

 

社内FAQシステムは、特に新入社員の教育に有益です。

 

FAQには組織の基本的な情報や手続きに関する質問とその回答がまとめられており、
これにより教育プログラムの効率向上が期待できます。

 

新入社員は最初の段階で疑問や不明点を社内FAQシステムを通じて解決でき、
同時に他の新入社員が同じような質問を持っていることに気づくことができます。
そのため、教育担当者は同じ質問に何度も対応する手間を省き、
より深い教育内容に焦点を当てることが可能となり、業務効率が向上します。

 

社内FAQを通じた教育は、新入社員が組織に早期に適応し、
効率的かつ円滑に業務に取り組むための基盤作りに貢献します。

 

  • 【メリット③】特定社員の負担を軽減できる

 

社内FAQシステムを活用することで、社員が同じ質問を何度も尋ねる必要がなくなるため、
質問を受ける社員の負担を軽減させることができます。

 

例えば、特定の業務やプロジェクトに関連する質問が社内FAQで一元的に管理されることで、
その分野に精通した社員が繰り返し同じ質問に答える手間が省けます。
これにより、社員は本来の業務に専念でき、業務効率性が向上します。

 

また、質問を受ける社員が異動や休暇中でも、社内FAQにアクセスすることで
必要な情報を得られるため、業務を停止させることなく遂行することができます。
その結果、組織全体の業務フローがスムーズに進行し、生産性も向上します。

 

【メリット④】迅速に問題を解決できる

 

社内FAQシステムは適切な情報を迅速に提供するため、社員は問題に直面した際に待たずに
自ら解決策を見つけることができます。
これにより、業務の停滞や問題のエスカレーションを防ぎ、生産性を向上させることができます。

 

また、FAQが実際の業務シナリオに即した具体的なケースで提供されている場合は、
社員はより的確な情報を得ることができ、問題解決のスピードと品質が向上します。
結果として、組織全体の業務効率性が飛躍的に向上することが期待できます。

 

 

社内FAQシステムの部門別利用シーンと活用例


 

社内FAQシステムを導入することで組織にどのようなメリットがもたらされるのかを説明しました。
次に、社内FAQシステムの利用シーンと具体的な活用例を、部門ごとにいくつか挙げてみましょう。

 

  • 【利用シーンと活用例①】人事部門

 

人事部門は、社員の雇用関連の業務を担当し、労務管理や人材開発、給与計算など
人的リソースに関する業務が中心です。
社内FAQシステムを通じて必要な情報を簡単に入手できることで、
社員が円滑に業務を遂行できるよう支援することができます。

 

利用シーン
  • 社員の福利厚生
  • 休暇申請
  • 給与

などに関する疑問の解決

活用例
  • 有給休暇の申請手続きや承認プロセス
  • 給与明細の確認方法
  • 健康保険の変更手続きに関するFAQ

 

給与や福利厚生に関するFAQを提供することで、社員は自己管理が容易になり、
人事担当者の業務負担が軽減されます。
また、休暇に関するFAQは、社員が柔軟に休暇を取得し、かつ組織のスケジューリングを
最適化できるようサポートし、それと同時に人事部門の業務効率化にも貢献します。

 

  • 【利用シーンと活用例②】営業部門

 

営業部門は、商品やサービスの販売促進や顧客との関係構築を担当します。
営業活動やクライアントサポートが中心であり、社内FAQシステムを活用することで
迅速でスムーズな情報の取得が可能となります。

 

利用シーン
  • 商品やサービスに関する情報や価格
  • 契約条件

に関する疑問の解決

活用例
  • 製品カタログのダウンロード方法
  • 価格設定に関するFAQ
  • 契約書の更新手続きに関するガイドライン

 

営業部門のFAQは、商品やサービスに関する基本的な質問に迅速に対応し、
営業担当者がより効果的に顧客に情報を提供できるようサポートします。
お客様からの一般的な問い合わせに対処するFAQは、営業担当者が迅速かつ一貫性のある対応を
行い、顧客満足度を向上させ、業務効率を向上させます。

 

【利用シーンと活用例③】経理部門

 

経理部門は、会社の財務に関する業務を担当する部門であり、
具体的な業務には帳簿管理、資金の管理、会計報告書の作成、税務申告などが含まれます。
経理部門は企業が法令を遵守し、健全な財務状態を維持できるように努める必要があり、
また、予算の策定や財務戦略の立案も経理部門の重要な役割です。
社内FAQシステムは、社員が経理プロセスを理解し、迅速かつ確実に必要な情報を入手できる
役目を果たすことで、業務効率の向上に貢献します。

 

利用シーン
  • 経理
  • 資金管理
  • 予算

に関する疑問の解決

活用例
  • 経費報告書の提出手続きに関するFAQ
  • 予算の変更申請手順の説明
  • 請求書の支払い状況に関する問い合わせへの回答

 

経理部門のFAQは、請求書の処理手順や経費報告に関する基本的な質問に対応し、
正確な経理作業をサポートします。
会計システムに関するFAQは、社員がシステムを効果的に利用できるよう支援し、
経理プロセスを効率化します。

 

【利用シーンと活用例④】IT部門

 

IT部門は、情報技術に関連する業務を担当する部門であり、
ネットワーク管理、システム開発、セキュリティ対策などを通じて、企業の情報資産を保護し、
効果的に活用します。
社内FAQシステムを通じて、社員がスムーズにIT関連の問題に対処できるようサポートします。

 

利用シーン
  • システム利用
  • セキュリティ
  • トラブルシューティング

に関する疑問の解決

活用例
  • パスワードのリセット手順に関するFAQ
  • セキュリティポリシーの理解に関する情報提供
  • システム障害時のサポート窓口に関する案内

 

IT部門のFAQでは、プログラミング言語や技術仕様書に関する質問に迅速に対応し、
開発プロセスを円滑に進めます。
プロジェクトにおいて使用されるツールやソフトウェアに関するFAQは、
新しいツールの導入や変更に柔軟かつスムーズに適応できるよう支援します。

 

社内FAQシステムが各部門で適切に活用されることで、各社員が日常業務においてスムーズに
問題解決できるようになります。

その結果、業務効率が向上し、各部門の担当者はより効果的な業務遂行が可能となります。

 

 

社内FAQシステムを効果的に運用するためのポイント


 

社内FAQシステムのメリットや活用例を具体的に説明してきました。
次に、社内FAQシステムを最大限に活かすための重要なポイントを掘り下げていきましょう。
ここでは、導入から運用に至るまでの過程で注視すべきポイントを手順に沿って解説します。

 

  • 【ポイント①】質問を収集し回答を作成する

 

まずは、社内で過去に寄せられた質問を整理します。
頻繁に寄せられる質問や解決できると効果が高い質問などを特定し、
優先順位を付けることが重要です。

 

質問が整理できたら、それに基づいて回答を用意します。
回答を作成する際は、テキスト情報だけでなく、文書ファイルや画像なども活用すると、
FAQを参照する社員の理解が深まります。

 

  • 【ポイント②】わかりやすいカテゴリーに分類する

 

FAQを部門別やトピック別に整理し、社員が必要な情報に簡単にアクセスできるように
分類します。
カテゴリー分けをすることで、FAQが見つけやすくなり疑問を解決しやすくなります。

 

  • 【ポイント③】定期的に更新する

 

社内FAQは常に最新であることが重要です。
新しい情報や変更があれば、適切なタイミングで更新を行いましょう。
社員が正確な情報を得られるように維持することで信頼が高まり、
社内FAQの利用促進につながります。

  • 【ポイント④】フィードバックを収集する

 

社員からのフィードバックを積極的に収集し、社内FAQの品質向上に活かしましょう。
繰り返しフィードバックを反映することにより、社内FAQが社員にとって有益な情報となり
組織全体での業務効率の向上が期待できます。

 

  • 【ポイント⑤】効果測定を行い分析する

 

社内FAQへのアクセス数を定期的にモニタリングし、
どの部門やトピックがより多く利用されているかを把握します。
また、社員が社内FAQを利用して疑問や課題が解決できたかを確認します。
社内FAQが効果的に利用されるように反映します。

 

社内FAQシステムの効果的な運用ポイントとして、質問の整理とわかりやすい分類、
定期的な更新とフィードバックの収集、効果測定と分析の重要性が挙げられます。
これらの手順を遵守することで、社員が的確かつ迅速に問題解決でき、
組織全体の業務効率向上に貢献します。

 

 

おすすめの社内FAQシステム「ナレッジリング」のご紹介


社内FAQシステムを活用することで、組織の業務効率は格段にアップすることを解説してきました。
ここで、おすすめの社内FAQシステム「ナレッジリング」をご紹介しましょう。

 

ナレッジリングは、いつでも・どこでも・カンタンな操作で社内の情報共有を促進し、
効率的に業務を遂行するための機能や特徴を備えたFAQシステムです。

 

社内FAQに役立つ主な特徴をご紹介します。

 

  • 【特徴①】シンプルな構成なので誰でも簡単にすぐに利用できる

 

ナレッジリングは、社内FAQの管理者・利用者いずれにとっても簡単な操作で利用できます。
FAQ作成画面はフリーフォーマットのため登録の自由度が高く、
管理者のスキルを問わず必要な情報を登録できます。
利用者画面は直感的に操作しやすい構成になっており、キーワード検索やカテゴリー検索などを
利用して必要な情報にアクセスできます。

 

ナレッジリング画面

<ナレッジリングの画面>

 

  • 【特徴②】情報が見つかりやすい検索機能によって業務をスムーズに進められる

 

ナレッジリングのキーワード検索は、FAQシステム内に登録されたファイルの中身まで
検索します。
FAQを検索するのと同時にマニュアルや資料などのファイルも検索するため、
情報が見つかりやすいことが特徴です。

 

FAQテキストとファイル内テキストを対象としたキーワード検索結果

<FAQのテキストとファイル内テキストを同時検索している例>

 

  • 【特徴③】さまざまな分析機能を備えていて社内FAQを改善しやすい

 

ナレッジリングには、いつ・誰が・どのような操作をしたのかを常に記録します。
また、キーワード検索分析では、どんなキーワードで検索しているのかも把握することが
できます。
これらの情報から、社内FAQシステムがどのように利用されているか詳細を分析することができ、
社内FAQの品質改善に役立てることができます。

 

キーワード分析

<キーワード分析>

 

 

 

 


社内FAQシステムで業務効率化を図るなら・・・

 

【おすすめツール】

圧倒的コスパでナレッジ共有を促進!クラウドFAQシステム「ナレッジリング」

 

\業務の無理・無駄・ムラを無くせる!/クリックして詳細をチェック!

 

【業界最安クラス】FAQシステムの料金プランはこちら>>>

資料請求したい!
フリープランを
試したい!
オンラインデモを
見たい!