BLOG ブログ

2022.12.07 業務課題

FAQシステムで業務効率化を実現!BPRにもおすすめ

企業活動を行う上で、課題を速やかに解決しパフォーマンスを向上させることは
非常に重要なポイントです。
そのため、昨今では、業務プロセス改革を意味する「BPR」が注目されています。
BPRという言葉を知らなくても、「生産性向上」「業務効率化」には並々ならぬ関心があるという方は
多いのではないでしょうか。

 

業務効率化を実現するためにはさまざまなアプローチがありますが、
有効なツールの一つにFAQシステムがあります。
FAQシステムは、よくある質問と回答を蓄積し、それらを検索することで質問者自身が
疑問を解決できるシステムです。

 

FAQシステムについて詳しく知りたい方はこちら
>>> FAQシステムとは? 迷った場合に担当者が押さえておきたいポイント

 

そこで今回は、FAQシステムを活用して実現できる業務効率化について詳しく解説していきます。

「BPR(業務プロセス改革)」と「業務改善」


まずは、BPRについて触れておきましょう。

 

BPR(Business Process Reengineering)とは、ビジネスプロセスをリエンジニアリングすること、
つまり、業務フローや組織構造などを根本的に見直し再設計・再構築するという考え方です。

 

BPRには、次のような目的があります。

 

  • 生産性向上
  • コストの削減
  • 従業員・顧客の満足度向上

 

一方で「業務改革」という言葉があります。
業務改革とは、業務プロセスはそのままで業務の一部を変更することで、その目的は業務効率化です。

 

「BPR」と「業務改善」、ご自身の企業にとって今必要なのはどちらでしょうか?
違いを理解すれば自社が取り組むべきことが見えてくるかと思いますが、
いずれにしても、まずは小さな一歩を踏み出すことが必要です。

 

そこで、ここからは業務効率化に注目して、どのように対策できるのか見ていくことにしましょう。

 

 

業務を妨げている主な要因


日々の業務の中で、業務の効率を落としている原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
業務の妨げとなっている要因の中でも代表的なものをいくつかあげてみます。

 

  • 【要因①】社内業務の問い合わせ

 

「あのファイルはどこにある?」「これは誰に聞けばいい?」など、
業務においては日常的に疑問が発生するものです。
しかし、これらの質問が特定の担当者に集中すれば、質問を受けた方は本来の業務が滞り、
質問した方も回答を得るまで時間がかかるため、その間は作業が進められない
という状況が発生します。
特に、採用難により未経験者を採用している企業は、社内の問い合わせ件数が多くなる
傾向にあるため、むしろ業務が増えてしまった、という本末転倒な事態になりかねません。

 

  • 【要因②】業務の属人化

 

特定の担当者しか業務の仕方を知らない場合、普段は業務に精通している担当者に任せていれば
円滑に作業が進行するため、一見問題が無いように見えます。
ところが、急な休みや突然の退職がきっかけで担当者が不在になると、
途端に業務が滞ることになります。
そのため、別部署や顧客からクレームを受ける原因になってしまいます。

 

  • 【要因③】紙による運用

 

書類の電子化が進んでる昨今ですが、まだ紙による運用が中心という企業もあるのでは
ないでしょうか。
マニュアルや申請書など、紙に印刷した書類を保管・閲覧している場合、
多くのデメリットやリスクがあると考えられます。

 

      • ページ数が多いと探している情報をすぐに見つけにくい
      • 書類を保管するスペースの確保が必要になるためコストが掛かる
      • 情報が更新されるまで時間がかかるため間違った対応をしてしまう可能性がある

 

他にも、属人化の原因にもなるなど、あらゆる側面で良くない影響を及ぼします。

 

 

FAQシステムが業務効率化に効果的な理由


さて、業務の妨げとなっている主な要因について説明しましたが、
これらの課題はFAQシステムを活用することで改善を図ることができます。
それでは、FAQシステムを活用することでどのような効果があるのか説明していきましょう。

 

  • 【効果①】社内問い合わせを削減できる

 

冒頭でも触れた通り、FAQシステムは、質問と回答を用意しておくことで
質問者の疑問をいつでも解決できるようにするシステムです。
つまり、問い合わせを削減するための専用ツールと言ってもよいでしょう。
総務部門などへの全社員からの問い合わせ、
情報システム部門と営業部門など部門間での問い合わせ、など
頻繁にありそうな質問をその回答をFAQシステムにあらかじめ登録しておくことで、
問い合わせを減らすことができ、本来の業務に集中できるようになります。

 

  • 【効果②】社内ナレッジを蓄積・共有できる

 

個人のノウハウや知識は組織で共有し活用することで、その価値を高めることができます。
FAQシステムを利用して、常日頃から業務内容や手順などを共有するようにしておけば、
属人化を防ぐことができるため、担当者不在でも慌てずに対応することができます。
また、ベテラン社員のノウハウや過去の事例などをFAQシステムを蓄積し、
誰でも参照できるようにしておくことで、若手への技術継承の役目を果たします。

 

  • 【効果③】ペーパーレス化を実現できる

 

FAQシステムに業務に必要な情報を登録しいつでも閲覧できるようにすることで、
ペーパーレス化を実現できます。
ペーパーレス化によるメリットは非常に多く、業務効率化をはじめコスト削減・リスク回避などが挙げられます。
また、FAQシステムによってペーパーレス化が実現できれば、昨今多くの企業が導入を進めている
テレワークも導入しやすくなり、働き方改革にも貢献します。

 

 

業務効率化におすすめのFAQシステム「ナレッジリング」


最後に、業務効率化に貢献するおすすめのFAQシステムをご紹介しておきましょう。

 

ナレッジリングは、いつでも誰でも簡単な操作で社内の問い合わせ対応やノウハウ共有が可能な
業界最安クラスのクラウド型のFAQシステムです。

 

BPRや業務改善に取り組む企業におすすめです。

 

 

  • 【おすすめ理由①】テキスト・文書・画像などさまざまな情報を登録できる

 

ナレッジリングには、テキスト情報の他、Word・Excel・PDF・PowerPointなどのファイルを
登録することができます。
社内問い合わせに必要なFAQなどのテキスト情報や、マニュアルなどの文書ファイル、
文章では表現しにくい場合に写真などの画像を添付できるなど、柔軟な情報共有ができます。

 

テキスト内にファイルを添付した例

<FAQ内にファイルを添付した例>

 

 

  • 【おすすめ理由②】テキストだけでなくファイルの中身まで検索できる

 

ナレッジリングのキーワード検索は、FAQなどのテキストだけでなく、
マニュアルなどのファイルも同時に検索します。
キーワードを入力するだけで、テキストやファイルなど、情報の形式に関係なく検索するため
探している情報が見つかりやくなっています。

 

ナレッジリングの検索ボックス

<ファイル内テキストも検索可能なキーワード検索>

 

 

  • 【おすすめ理由③】パソコン・スマホ・タブレットのいずれにも対応している

 

ナレッジリングはパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応しています。
外出先やテレワークなど場所にとらわれず利用することが可能です。

 

ナレッジリング画面

 

 

 

 

 


業務効率化におすすめのFAQシステムなら・・・

 

【おすすめツール】

圧倒的コスパでナレッジ共有を促進!クラウドFAQシステム「ナレッジリング」

 

\社内問い合わせも減らせる!/クリックして詳細をチェック!

 

【業界最安クラス】FAQシステムの料金プランはこちら>>>

FAQシステム比較検討で迷っていませんか?
FAQシステムの導入を検討しているものの、「検討性がいまいち...」「難しい操作は面倒...」「コストはできるだけ抑えたい...」といったお悩みはありませんか?
クラウドFAQシステム「ナレッジリング」なら、
これらのお悩みを全て解決できます。
  • check icon多様な機能によって探している情報が見つかる!
  • check icon直感的なデザインで誰でもカンタンに操作できる!
  • check icon業界最安クラスだから導入しやすい!
詳しい資料をご用意しております。気になる方は、お気軽に【無料】資料請求してみてください。
\FAQシステムを比較検討中の方、必見!/
【無料】資料請求する
無料で資料請求する
無料のプランを試す
無料のデモを見る